パソコン相談室の感染対策について | 公益社団法人横浜市身体障害者団体連合会

パソコン相談室の感染対策について

今後の感染対策について以下の通りお知らせします。

パソコン相談室の感染対策

    1. 必ずマスクを着用してください。(※1)
    2. 体調のすぐれない方の入室はお断りいたします。
    3. 入室の際は、必ず手をアルコール消毒してください。(パソコンルーム入口付近に設置してあります)
    4. 相談室利用者は『パソコン相談室申込書』に必要事項をご記入ください。(パソコンルーム入口付近に設置してあります)
    5. 飲食禁止です。(但し、蓋のある容器を利用した水分補給は認めます)
    6. 飛沫感染対策として、各席の間をアクリルパネルで仕切っています。
    7. 教室の窓やドアを開放して換気を実施しています。
    8. 相談が終了しましたら、速やかに退室してください。
    9. 感染状況により、相談室を中止する場合があります。

※1 マスクや袋は、1階売店でご購入いただけます。

相談予約について

ご利用の際は、なるべく電話予約をしてください。*聴覚に障害のある人はFAXでお問い合わせください

  • 受付方法:電話、または窓口
  • 電話受付時間:9:30~16:30
  • 1日の定員は6名 (入室可能時間:午前10時00分~正午 午後1時00分~4時30分)
  • 予約優先(2週間前の月曜日から電話、来所、FAXにて受付)
    ※予約は1週間に2回までを原則とする。
    ※予約の際に、おおよその来室時間と相談内容をお知らせください。
  • 当日でも相談室に空席があれば、入室できます。(当日の予約状況は、教室前に掲示します)
    事務局にお問い合わせください。(正午~午後1時を除く)
  • 退室後、1時間以上を経過しての再入室はご遠慮ください。(相談員の1時間休憩も対象となります)
  • 特に時間制限を設けておりませんが、長時間の滞在はお控え願います。
  • 上着は必ずビニール袋に入れるなど、感染対策にご協力ください。
  • 席の移動はお控えください。

2022年08月16日

心と手を貸してください    心と手をつなぐ    ここがポイント 障害者差別解消法    暮らしにいかす障害者差別解消法    障害者差別解消法事例集