沿革

内容
昭和25年 10月 神奈川県身体障害者団体連合会設立
肢体障害部、視覚障害部、聴覚障害部設置
昭和27年 7月 横浜市傷痍軍人会設立
昭和37年 5月 横浜市ろうあ協会設立
日本身体障害者団体連合会に加盟
昭和41年 3月 横浜市ろうあ協会 横浜市聴力障害者協会に改称
昭和42年 1月 横浜市港笛会設立
昭和42年 4月 横浜市肢体障害者福祉協会設立
横浜市聴力障害者協会 横浜市聴力障害者福祉協会に改称
昭和44年 8月 横浜市肢体障害者福祉協会浜身連に加盟
横浜市視覚障害者福祉協会浜身連に加盟
横浜市聴力障害者福祉協会浜身連に加盟
横浜市港笛会浜身連に加盟
昭和44年 9月 横浜市身体障害者団体連絡協議会に改称
昭和52年 10月 横浜市車椅子の会設立
昭和53年 4月 横浜市腎友会設立
昭和53年 7月 横浜市脳性マヒ者協会設立
昭和56年 4月 横浜市車椅子の会浜身連に加盟
横浜市脳性マヒ者協会浜身連に加盟
昭和56年 9月 横浜市腎友会浜身連に加盟
昭和57年 4月 横浜市互療会設立、浜身連に加盟
昭和60年 3月 法人設立 社団法人横浜市身体障害者団体連合会に改称
平成 2年 12月 横浜市中途失聴・難聴者協会浜身連に加盟
平成 3年 4月 浜身連内に横浜市身体障害者社会参加促進センター設置
平成 3年 10月 横浜もみじ会浜身連に加盟
平成 4年 5月 横浜市聴力障害者福祉協会法人設立
社団法人横浜市聴覚障害者協会に改称
平成 4年 8月 事務所を港北区鳥山町1752 横浜ラポールに移転
平成 5年 5月 横浜市互療会 横浜市オストミー協会に改称
平成 8年 5月 横浜もみじ会 横浜市もみじ会に改称
平成11年 4月 身体・知的・精神障害を統合し、横浜市身体障害者社会参加促進センターを横浜市障害者社会参加推進センターに改称
平成12年 2月 横浜市障害者社会参加推進協議会設立
平成25年 4月 公益社団法人へ移行